竹田市歴史文化館・城下町

瀧廉太郎記念館 Rentarō Taki Memorial Museum

瀧廉太郎が過ごした屋敷を記念館に

作曲家 瀧廉太郎が12歳から14歳までを過ごした屋敷を現在は瀧廉太郎記念館としています。展示を通じて彼の生涯を知ることができます。

『荒城の月』や『箱根八里』、『花』などを作曲、明治の西洋音楽黎明期の代表的な音楽家、瀧廉太郎(1879-1903)が12歳から14歳まで暮らした屋敷が、瀧廉太郎記念館となっています。

  • 館内の展示

    館内では手紙や写真、譜面などが展示されていて、廉太郎の生涯を知ることができます。

    廉太郎の感性を育んだ空間が残されている、おそらく日本で唯一の場所でしょう。

瀧廉太郎記念館(たきれんたろうきねんかん) 大分県竹田市竹田(寺町)2120-1
電話番号
0974-63-0559
入館料
高校生以上300円、小・中学生 200円 (団体割引あり)
施設情報
休館日:年末年始、 営業時間:9:00 ~ 17:00(最終入館 16:30)
ホームページ
https://www.taketan.jp/spots/detail/38